[青春18切符日帰り旅] 新潟の美人林と越後湯沢の森の湯へ行ったが暑すぎて蒸発するかと思った話

スポンサーリンク

フォロワーさんに新潟でオススメの観光場所を聞いたら、美人林と返ってきたので18切符を使って日帰りで行ってきました。

以下に色々書いていますが、まとめると「美人林も温泉も良かった。ただし夏の新潟は電車で回るところじゃない。車の方が100倍快適。」です。

スポンサーリンク

大宮駅から新潟のまつだい駅へ向かう

朝5時、日が昇る前に家を出ました。
早朝なら涼しいかなと期待していましたが、そんなことはなく暑さと湿気でほどなくして全身汗だくになりました。(写真の通り、天気は雲ひとつない快晴だっ。。)

大宮駅で高崎線に乗ります。ホームに仰向けで倒れて寝ているサラリーマンらしき人を横目に見ながら、待っていると10両編成の電車がやってきました。
最後尾の車両を選びましたが、お盆前なのに座席に座れない程度には人が乗っていました。
北上尾を過ぎる頃には3分の1くらいの人が降りていったので、空いた席に座ります。

電車に揺られることおよそ1時間。
7時前に高崎駅に到着しました。そこから水上行きに乗り換えます。
ホームの案内表示が分かりづらく、次の電車が何番線発か迷いました。

8時過ぎに水上駅へ到着。階段で別のホームへ移動し長岡行きに乗り換えます。
この日は登山客が多く乗り換えに時間がかかりました。階段近くの車両に陣取るべきだったなと。

長岡行きの電車は新し目の車両でした。ちょっと感動。

9時頃に越後湯沢駅へ到着。ここでほくほく線へ乗り換えます。

越後湯沢駅で下車し、向かい側0番線ホームのほくほく線へ乗り換えます。
超快速スノーラビット 新井行きです。

電光掲示板に「超快速」と表示されているのが新鮮で、つい写真を撮ってしまいました。

このほくほく線ですが、東洋経済の記事によると表定速度(停車時間を含めた平均速度)は88.6km/hで、乗車券だけで乗れる列車としては日本最速らしいです。確かに線形も良く、地方の私鉄にしてはとても速く感じました。

乗った車両が「ゆめぞら号」という特別な車両で、トンネルに入ると天井に映像が映し出されて初めの頃は「おお〜」ってなりました。が、数分もたつと飽きてしまい、真っ暗な車窓を眺めていました。(近くに座っていた子供は、上映中ずっとはしゃいでいた)

まつだい駅へ到着。レンタルサイクルはやっていなかった

10時前に美人林の最寄駅まつだい駅へ到着しました。既に暑いです。新潟は涼しくなんかなかった。

ホームからの景色を見ると何もないですが、道の駅と併設されているためコンビニ(ファミリーマート)と土産物屋、観光案内所があり思ったより人は多いです。

観光案内所のお姉さんにレンタルサイクルをやっているか伺いましたが、大地の芸術祭のシーズン以外はやっていないとのこと。(隣の十日町駅ではレンタルサイクルを行なっている。)
ちなみに「大地の芸術祭はいつ開催されるのでしょうか?」と聞いたところ「2年後!」と返ってきました。2年後にリベンジします。

レンタルサイクルが使えないため、公共バスで美人林へ向かうことにします。
松之山温泉行きの時刻表を見ると、次の便は10時27分でした。10分ほど待ちます。
(1時間に1本もない交通の不便さにビビる)

美人林へ

バスに乗り、美人林最寄の境松停留所へ向かいます。
乗客は私とおじさんの2人だけでした。車社会だから公共交通機関はあまり使われないのでしょうね。

バスを降りる際に、ぼーっとしていて360円の運賃を支払うつもりが400円を運賃箱へ入れてしまいました。運賃箱から小銭は取り出せないため、生まれて初めて「お釣りはいらないです。」と言って降りました。

最寄りと言っても美人林は1.5km先にあります。
ここからは徒歩で向かいます。

直射日光がサンサンと照りつける道を地獄のような暑さでした。
徒歩で来るところじゃない。ペットボトルの水は1リットルほど飲み干しました。

あたり一面緑一色です。人の気配すら感じない。

20分ほど歩いてようやく美人林に到着しました。
静かで落ち着いていて綺麗なところでした。
炎天下を徒歩で来たためか、ふらついていて楽しむ余裕はあまり残っていませんでしたが。。。
(道は狭いですが駐車場は整備されているため車では来やすいと思います。僕以外の観光客は皆車で来ていました。)

人がいないタイミングを見計らって1枚だけ撮りましたが、手ブレがひどいですね。。

本当はこの後に松之山温泉へ行こうと思ったのですが、あまりの暑さに限界を感じたのとバスを逃してしまったこともあり、越後湯沢へ戻ることにしました。

以下は何もない道路の端っこでバスを待っている時のツイートです。

蒸発するかと思うくらいとっても暑かったです。生きた心地がしなかった。
新潟は涼しいイメージがありましたがそんなことはなく、熱中症対策は必須ですね。
観光するなら自動車かせめて自転車が必須だなと身をもって感じましたね。。。

帰りのバス車内は冷房が効いていて天国のようでした。
また運が良いことに運転手の方が行きに乗った時と同じ方で、降車時に過払い運賃の精算をしてくださいました。(よく乗客の顔を覚えているな。。。)

越後湯沢の「山の湯」へ

ほくほく線で越後湯沢駅へ戻り、そこから徒歩20分ほどの場所にある温泉「山の湯」へ向かいます。
(山の湯は近辺では老舗の公衆浴場らしく、温泉の質も良いと口コミで聞いたので行ってみたかったのです。)

入湯料は500円、貴重品を預けるロッカーが100円、レンタルタオル代が200円でした。

体を洗う場所は4人分ありましたが、入った時は全て使われていたため入り口で待つことに。
シャワーはなく冷水と熱湯が出る押しボタン式の蛇口が1つずつありました。湯加減の調整になかなか手間取りました。

温泉は気持ちよかったです。お肌もツルツルになりました。しかし湯が熱かったです。。
待合室も扇風機のみで冷房はないため汗は止まらず、帰り道も汗だくになってしまいました。
冬場なら間違いなく良い温泉ですね。。夏場は少し厳しいです。。温泉はとても良かったので涼しくなったらまた伺うつもりです。

越後湯沢駅へ戻り、行きと同じように水上駅、高崎駅で乗り換え家に帰りました。

反省点

  • 夏の新潟は暑い。春や秋なら快適かもしれない。
  • 終始時間を気にしてあまり楽しめない旅程だった。(公共機関で行くには便が悪すぎる。そもそも日帰りで行くには日程にゆとりがなさすぎた。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました