iOS版 ブログエディタ「Blogo」でMarkdownを使う

シェアする

ブログエディタ「Blogo」のiOS版でMarkdownを使えるようにする方法です。




iOSとmacOS にリリースされているシンプルなブログエディタ。ワードプレスのサイトが1つまでなら無料で使えます。
Mac版は最近、日本語の入力時の挙動が怪しいので使うのを控えていますが、ブログエディタとしては使いやすいです。
The best blogging app for iPhone, iPad, and Mac | Blogo

Markdown の設定方法

Markdownを有効化します。
設定を開き、「Editing」をタップします。

「Markdwon」をタップし有効化します。
これでMarkdownは使えるようになるのですが、このままだと記事をWordPressにアップロードした際、HTMLに変換されてしまいます。

そこで、「Setting」に戻り、「Accout」で管理しているワードプレスをタップします。

画面下にある「Markdown output format」を「Markdown」へ変更します。

これで記事をWordPressへアップロードしても、Markdown 形式のままです。

WordPress を Markdown に対応させる

Markdownで書かれた記事をWordPressで扱うには、Jetpackというプラグインが必要です。
Jetpackプラグインの「プレーンテキストのMarkdown構文で投稿やページに書き込み」の設定を有効化することで、WordPressでMarkdownを使うことができます。




シェアする