Parallels Desktop上のWindowsでCommand+Spaceでの日本語入力

長いけど、タイトル通りParallels Desktop上のWindowsでCommand+Spaceでの日本語入力を実現する方法。
WindowsでApple英字配列キーボードをMac風に使う(フリーソフトで実現) を参考に設定してみたけど、うまく動かなかった。
Parallels Desktopの仮想マシンの歯車アイコンをクリックし、構成を呼び出す。
win-ime-crt-sps-0
「ハードウェア」の「マウスとキーボード」を順にクリックし、右側の「ショートカット」ボタンをクリック。
win-ime-crt-sps-1
プロファイルを「汎用」に変更。これで無事、Command+Spaceでの日本語入力(IMEオンオフ)ができた。

広告




シェアする

広告