出身高校の文化祭へ行ってINADISCを買った話

先週の9月8日、9日は私の出身高校の文化祭でした。
高校時代の友人から、連絡があるまですっかり存在を忘れていました。

卒業から6年経ち、私の知っている先生はほとんど異動し、後輩も卒業しました。
なので、行かなくても良かったのですが、ふと、所属していたパソコン部が活動しているのか気になってしまい、行くことにしました。

パソコン部は、毎年文化祭にINADISCというゲームやCGが入ったCDを販売しています。
昔からの伝統で、大昔はフロッピーディスクで販売していたとか。

私の代の時はプリンターの調子が悪く、文化祭当日の朝に急ピッチでディスクを焼いてたりしました。
当時はVistaのパソコンで、VisualStudioでゲーム作るのが主流でした。私は日本語プログラム言語で作品を作っていましたが。その後、Windows8が導入され、学校のPCでVisualStudioが使えなくなって、これからどうなるんだろうと不安になりながら卒業した覚えがあります。

話が脱線したので戻します。
今年もパソコン部は例年通り商業棟の手前でINADISCを販売していました。

話を少し聞くと、販売している今もパソコン室でCDを焼いているのだとか。
それは伝統として引き継がなくてもいいのになあと心の中で笑いながら、1枚購入して退散しました。
あまり、OBが長居するのも居心地悪いでしょうし。私が生徒の時は、知らないOBが長い間居座るのが苦痛でしたので。。。

帰宅してINADISCを早速開いてみます。
動作要件がWindows7以降に引き上げられたので、ランチャーを新しく作り直したっぽいですね。

入っていたオセロゲームで遊んでみたのですが、なかなか勝てなかった。

今年もパソコン部が息をしていることがわかり、安心しました。
来年も忘れなければINADISCを買いに行くとおもいます。

ただ、やはりあの規模の学校は人が多いですね。
校内のホールや廊下は蒸し暑いですし、コミケ並みとは言わずとも水分補給はしっかりとったほうがいいですね。

若いっていいなあ。。。




シェアする