コミックマーケットC94(3日目)参加報告

シェアする

コミケに行ってきました。
欲しいものはあったのですが、始発で行かなくても大丈夫だろうと舐めてかかり9時半頃に会場に着くように向かいました。

目的のブツは完売していて買えませんでした。

今日得た教訓をまとめると、「半端な時間に行くくらいなら黙って始発で行け」です。




使用した交通機関

昨日の反省を生かし、今日はゆりかもめではなく、埼京線(りんかい線)で国際展示場駅へ向かいました。

恵比寿駅あたりまではそこまで混んでいなかったのですが、(やはり)大崎駅とりんかい線内の大井町駅で人が結構乗り混み合いました。

東京テレポート駅で車内の1/3程度の人が下車したので、皆がコミケに行くわけでも無いようでした。(別のイベントでもあるのでしょうか。)

待機列のルートと所要時間

9時半前に国際展示場駅に着き、駅を出たら100m程度先にすでに列が形成されていました。
列の後ろに並びゆっくりと歩き始めます。
今回は、ゆりかもめの国際展示場正門駅の横を通り、夢の大橋の中間あたりで折り返し、国際展示場へ向かうルートでした。

(そういえば、夢の大橋の折り返し付近で西の方からきた人がちらほら合流してましたが、もしかすると東京テレポート駅で下車した人かも。国際展示場駅で並ぶより早いし賢いなと思いました。)

夢の大橋の折り返しで10時を迎え、会場に入場できたのは11時15分でした。所要時間は1時間45分。
列移動中は海風が涼しく、曇っていたのでそこまで暑さは感じませんでした。(会場内の自由通路は相変わらず蒸し暑かったですが。)
ちなみに、自由通路は大変混雑しており、西から東への移動に10分ほどかかりました。

会場内

通勤ラッシュの方がまだ楽でした。
入ってから出るまで1時間半ほどかかりました。
会場内、待機列内は携帯の通信が使えず、連絡を取るのが困難でした。

戦利品

比村乳業の列が長くて、心が折れました。(50分近くかかった)

現地に行かず欲しい本は通販で買って、家でTwitterのコミケ実況を眺めていた方が賢いです。私も来年はそうします。

帰路

有明駅からゆりかもめに乗って帰りました。

反省点

  • 半端な時間に行くと完売で欲しい物が買えないので、(長時間並んででも絶対買うという強い意志があるなら)始発or(諦めてのんびり回るなら)午後着の二択にした方が良さそう。
  • サークルのマップを持たずに行ったので、非効率な回りかたをしてしまった。
  • ペットボトルのお茶を600ml 2本持参したが足りなかった。
  • 汗拭きタオルは必須。
  • カバンはリュックより手提げの方が本をスムーズにしまえる。
  • 友人と行動する場合が、携帯が使えないことを考え、事前に集合時間と場所を決めておくべきだった。
  • 雨が降った時のためにカッパが必要。




シェアする