PHP開発環境構築 MAMP+VSCode+PHP Debugを導入する

シェアする

らぼったあ開発雑記 1日目の記事です。
今日はPHPの開発環境をMac上に準備します。




MAMPのインストール

PHP、MySQLの環境を作るために、MAMPをインストールします。

PHPの動作確認

ブラウザでアクセスしPHPが動作するか確認します。
以下のファイルをMAMPのDocument Root配下に設置します。

<?php

phpinfo();

私の環境ではPHP 7.2.1でした。

エディタのインストール

Visual Studio Code (以下VS Codeと表記) をインストールします。

PHP開発用に拡張機能を導入

VS Codeに PHP IntelliSenseとPHP Debugをインストールします。
以下の記事を参照しました。

PHPプログラミングも快適に! VS Codeの二大拡張機能 (1/3):Visual Studio Code+PHPの可能性を探る – @IT

デバッグ用の設定を追加

PHP Debugを使えるようにするためにXdebug – Debugger and Profiler Tool for PHPの設定が必要なようです。

ところで、Xdebugってなんでしょう。気になって公式サイトを見ました。

Xdebug is an extension for PHP to assist with debugging and development.
Xdebug – Debugger and Profiler Tool for PHP

PHPのデバッグと開発を補助してくれる拡張機能のようですね。はー便利なものもあるもんだ。

追加でインストールが必要なのかと思いましたが、MAMPにはすでにXdebugが同梱されているため不要です。ただし無効化されているため有効化します。
以下のサイトを参考にphp.iniを編集します。

MACにMAMP、NetBeans、XdebugでPHPをトレースする方法 – Qiita

格納場所を確認します。

$ find /Applications/MAMP -name "php.ini" | grep 7.2.1
/Applications/MAMP/bin/php/php7.2.1/conf/php.ini

php.iniの最終行の ; を外し、2行ほど追記します。

[xdebug]
zend_extension="/Applications/MAMP/bin/php/php7.2.1/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20170718/xdebug.so"
xdebug.remote_enable = 1
xdebug.remote_autostart = 1

MAMPを再起動し、先ほどの動作確認用PHPへアクセスします。
Xdebugの項目が表示されれば大丈夫です。

試しに、ブレークポイントを貼ってページをリロードすると、ちゃんと止まってくれました!

作業内容と今後の予定

本日は、MAMP、VS Code、PHP Debugのインストールを実施しました。
明日はHello Worldあたりまでは最低限やりたいですね。はい。