らぼったあDBの設計について らぼったあ開発雑記10日目

らぼったあ開発雑記 10日目の記事です。
認証して得たaccess_token(oauth_token_secretとoauth_token_secret)を保存する仕組みを作ってから、TwitterAPI連携機能部分を作ろうということで、DBの設計をゆるゆるに考えていきます。




既存の仕様

lttテーブルを作ってます。

CREATE TABLE ltt(id INTEGER PRIMARY KEY,start TEXT,end TEXT,memo TEXT);

https://github.com/nakkaa/labotter/blob/master/らぼったあ.nako#L699

うろ覚えですが、各種カラムの利用目的などはこんな感じだった気がする。

カラム名 データ型 目的
id int(10000) 連番振り分け用(自動採番)、プライマリキー
start text ラボイン時刻
end text らぼりだ時刻
memo text メモ用

今回はこれに加えて、ユーザ管理用のテーブルが必要ですね。

新規バージョンのDB設計

ユーザ管理用 user のテーブル

カラム名 データ型 目的
user_id int 連番振り分け用(自動採番)、プライマリキー
twitter_user_id text TwitterのユーザID格納用
name text Twitterのスクリーンネーム
oauth_token text ユーザのoauth_tokenキー格納用
oauth_token_secret text ユーザのoauth_token_secretキー格納用

ラボ滞在記録用 labo_history テーブル

カラム名 データ型 目的
id int 連番振り分け用(自動採番)
user_id int user.user_idカラムを参照
start text ラボイン時刻
end text らぼりだ時刻
memo text メモ用

ざっとこんな感じでしょうか。




シェアする