MacにComposerをインストール らぼったあ開発雑記5日目

シェアする

らぼったあ開発雑記 5日目の記事です。
今回はMacにComposerのインストールを行います。




今回やること

  • 環境構築
    • composerの導入

実施環境

  • macOS Mojave 10.14.1(18B75)
  • PHP 7.1.19
php -v
PHP 7.1.19 (cli) (built: Aug 17 2018 18:03:17) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

Composerのダウンロード

以下のサイトに記載されている方法でダウンロードします。

Composer

私はMacのターミナルで以下のコマンドを入力しました。

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === '93b54496392c062774670ac18b134c3b3a95e5a5e5c8f1a9f115f203b75bf9a129d5daa8ba6a13e2cc8a1da0806388a8') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

ComposerのPathを通す

以下のサイトを参考にし、composer.phar を /usr/local/bin/composer へ移動させました。

Composerをインストールしてみた – Qiita

バージョン確認

ターミナル上でcomposerとタイプし、動作する確認します。
Version 1.8.0が入ったようでした。

$ composer --version
Composer version 1.8.0 2018-12-03 10:31:16

インストール後に気づいたけど、Homebrew経由で入れたほうがよかったかもしれない。




シェアする