MacBookPro を OS X Yosemiteにアップグレードした

シェアする

 2014年モデルMacBookProをOS X Yosemiteにアップグレードしました。

AppStoreでYosemiteがでかでかと表示されていたので「ダウンロード」をクリック。
20141024_yosemite_update_1
ダウンロードサイズは5GB超。うへぇ…
20141024_yosemite_update_2
3時間ほどかけてダウンロードは終わり、インストーラが起動。
インストーラに従ってぽちぽちボタンをクリックするだけ。
20141024_yosemite_update_3
20141024_yosemite_update_4
アップデート作業はダウンロード3時間+インストール1時間で4時間ほどかかりました。
再起動時にファンがとても大きな音を立てたのには驚きましたが、それ以外は特に問題はなかったです。
Yosemiteのデスクトップ。iOS7のフラットデザインより見やすい印象。
20141024_yosemite_update_5
「このMacについて」のバージョンダイアログも10.9からレイアウトが変わってます。
20141024_yosemite_update_6
Safariですが、やけにすっきりとしたデザインに。Windowsのタブブラウザ、Sleipnir6を思い浮かべました。
20141024_yosemite_update_7
メニューバーをダークモードにして拡大。
背景が透けてます。
20141024_yosemite_update_8
Yosemiteでは見た目やアイコンの刷新のほかに、iPhone、iPad等でMacで始めた作業を引き継いだり、またはその逆を行える「Handoff」や、iCloudDrive対応、AirDrop(ファイル転送)がMacとiOSデバイス間で使えるようになったり、iPhoneの電話機能をMac上で使えたりするみたいです。
なんだろう。だんだんiPhoneが欲しくなってきたぞ。
20141024_yosemite_update_0
 聞いた話だと、ファイル名を連続でつけられるようになったみたいなので、ぼちぼち試していきたいと思います。




シェアする