StartSSLが主なWebブラウザで使えなくなったらしい

シェアする

このサイトではSSL証明書に無料で使えるStartSSLを利用していました。
その更新期限が2017年2月にきたので、いつものように証明書の更新を行ったのですが……
「安全な接続ができませんでした(エラーコード:SEC_ERROR_REVOKED_CERTIFICATE)」とエラーが表示されてサイトへアクセスできません。
調べてみると、StartSSLの親企業であるWoSignが偽の証明書を発行するという問題を起こしたらしく、2016年10月21日以降に発行されたStartSSLの証明書はブラウザで無効になってしまうらしい。(有料証明書だったら大丈夫なんですかね?)
2016年10月21日以降に発行されたStartSSLの無料証明書は無効 – Qiita
iOSも2016年12月以降に発行されたStartSSLの証明書をブロックするようになったらしいです。
iPhone(iOS)でStartSSLの証明書が使えなくなっていた… | work.log
StartSSLの証明書は現時点では使えないので、サイトをHTTPS化したければ有料の証明書を買うか、Let’s Encryptが使えるサーバーへ引っ越したほうがいいですね。
それでは、今日はこの辺で。




シェアする