中古で買ったThinkPad X230をSSD換装した

ここ数日の猛暑で頭をやられたのか、気が付いたら秋葉原でThinkPad X230を購入していました。
自宅にiMacあるし、サブPCを買っても用途がないでしょと脳内でツッコミは入ったのですが、
ノベルゲームをプレイする用にWindowsの実機が一台欲しいとも思っていたので買ってしまいました。

広告




購入機種スペック

購入時のスペックは以下の通り。

OS Windows7 Pro 64bit
メモリ 4GB(DDR3。空きスロット1)
HDD 320GB(WD Blue 5400rpm)
備考 バッテリーは輝度70%で5時間ほどもつ

仕様書を見る限りだと、右から2番目の2324A2Jかしら。

ThinkPad X230製品仕様書 | レノボジャパン

SSDへの換装手順

HDDで常用するのは耐えられる気がしないので、早速SSDへ換装します。
今回購入したSSDはSamusung 850Evo 250GBです。

大まかな作業手順は以下の通り。
* 電源を切りバッテリーを取り出す。
* 裏にし、HDDマークが書かれている部分のネジを外す。
* カバーを取り出す。
* 黒いセロファンのようなものを引っ張る。
* HDDケースが取り出せるのでネジを外し、SSDへ付け替え元に戻す

SSD換装後 ベンチマーク測定

SSD換装後、Windows10をクリーンインストールしベンチマークを計測しました。

Read、Writeともに500MB/s超えていました。OSも起動から30秒もたたずに使えるので満足です。

使用感

  • キーボードが打ちやすい。サクサク打てるしストレスがたまらない。
  • 赤いトラックポイントは慣れれば使いやすそう。(個人的にはMacのトラックパッドのほうが好き)
  • インターフェースも十分。D-sub、USB3.0*3、SDカードリーダ、miniDisplayPortなどが使える。
  • メモリとHDDの交換が蓋開ければすぐできるのは優しい。

もし、次にWindowsを買うことになったら、ThinkPadにしようと思うくらいには気に入りました。
(ただしばらくはiMac使っていくつもりなので、早くても5年後くらいになりそうですが。)

広告




シェアする

広告