ベアボーンキット XH170V を買いました

シェアする

2015年の11月にShuttleのベアボーンキットXH170Vを購入しました。
ベアボーンキットは、マザーボードと電源、ケースが組みあがった状態で販売されている半完成品のパソコンです。メモリとCPUとHDDを用意すれば、あっという間に完成します。
今回は故障したDellのノートパソコン(Inspiron14R)から抜き取ったパーツを流用するためと、NUCだと画面出力がマイクロHDMI端子であることが多いので、HDMI端子搭載のベアボーンキットが購入対象になりました。

スペック

僕が組んだXH170Vのスペックです。

CPU Intel Core i3-6100T @3.2GHz
HDD 250GB SSD(型番はSamsung 850 EVO)
1TB HDD(流用。型番はST1000LM024)
メモリ 8GB(流用。DDR3L-1600 SODIMM)
DVDドライブ DVD RWドライブ(流用。型番はSU-208CB)
無線LANアダプタ Dell Wireless 1705(流用)
ディスプレイ EIZO L465

流用するメモリがDDR3L SODIMMなので、ベアボーンキットでの選択肢はDVDドライブが搭載可能なXH170Vか、SDカードリーダ付属のDH170の二択でした。省スペースなDH170も気になったのですが、最終的には拡張性を取りXH170Vを選びました。
XH170VはSkylake世代のCPUのみ搭載可能なので、i3-6100Tを購入。本当は安かった6100がほしかったのですが、当時は品切れだったので、多少値がはりましたが若干省エネな6100Tにしました。やることと言ったらネットサーフィンくらいですし高性能なCPUはいらないので。
DVDドライブはInspiron14Rから流用しました。DVDドライブ自体がXH170Vの用意されているスペースより若干薄いので、気になる人は気になるかも。
無線LANアダプタはWindows10だと特にドライバーを当てずに認識しました。アンテナが悪いのか受信感度がよくないのが難点ですが。

使ってみての感想

良い点から。1点目。デスクトップPCってファンの音がブオーッってうるさいイメージがあったのですが、XH170Vは静かです。それでいてよく冷えます。BIOSでファンの回転速度を選べるのもよい。
2点目。場所をあまりとらないのに、2.5インチHDDを2台、DVDドライブを1つ積めるのは便利です。
悪い点は、1つめは正面の蓋が外れやすいです。丁寧に扱わないとすぐにポロって落ちます。
2つめは、端子類が脆そう。抜き差ししすぎると壊れそうで不安。
M.2ポートがSATA接続扱いになるのが残念です。DH170はPCI Express接続なのにな…。
電源の青色LEDランプが明るいので、寝室に置いておくとまぶしくて寝づらいかも。
全体的に満足度は高いです。ノートパソコン向けのパーツが余っているならおすすめです。




シェアする