Raspberry Pi 2 rootパスワード設定やユーザ名の変更をする

Raspberry Pi 2のセットアップ記事です。
rootパスワード設定やユーザ名の変更を実施します。

事前準備

Raspberry PiにSSHで接続できることを確認してください。
SSH有効化の手順は以下に記載。

rootパスワードを設定する

rootパスワードを設定します。Raspberry Piへログインし以下のコマンドを入力します。

passwd

お好きなパスワードを入力します。

ユーザ名を変更する

デフォルトのユーザ名はpiですが、これを自分のユーザ名へ変更(新規作成)します。
コマンドは sudo adduser [好きなユーザ名] です。

pi@raspberrypi:~ $ sudo adduser nakkaa

パスワードが聞かれるので、入力します。
Full Nameなどは好みで入力してください。(Enterで入力をスキップできます。)
最後に yキーを押して完了です。

Adding user `nakkaa' ...
Adding new group `nakkaa' (1001) ...
Adding new user `nakkaa' (1001) with group `nakkaa' ...
Creating home directory `/home/nakkaa' ...
Copying files from `/etc/skel' ...
Enter new UNIX password: 
Retype new UNIX password: 
passwd: password updated successfully
Changing the user information for nakkaa
Enter the new value, or press ENTER for the default
	Full Name []: 
	Room Number []: 
	Work Phone []: 
	Home Phone []: 
	Other []: 
Is the information correct? [Y/n] y

上記で作成したユーザに管理者権限を付与します。

pi@raspberrypi:~ $ sudo adduser nakkaa sudo
Adding user `nakkaa' to group `sudo' ...
Adding user nakkaa to group sudo
Done.

一旦ログアウトし、作成したユーザでログインします。
ログインできることを確認したら、piユーザを削除します。

nakkaa@raspberrypi:~ $ sudo deluser pi
[sudo] password for nakkaa: 
Removing user `pi' ...
Warning: group `pi' has no more members.
Done.

あとがき

他にも、sudoするときはパスワードを要求するようにしたり、SSHは公開鍵認証を用いるようにした方が好ましいですが、自宅のローカルLAN内でのみ使用するので今は実施しません。
そのうちやりたい。

参考サイト

以下の公式ドキュメントを参考にしました。

Securing your Raspberry Pi - Raspberry Pi Documentation
Documentation in this section includes basic guides to configuring your Raspberry Pi.

コメント

タイトルとURLをコピーしました