Androidのjpg画像ファイルがWindowsで開けない

ゴールデンウィークだし、普段やらないパソコンや端末のフォルダ整理をやってたのですが、Android端末から転送したjpgの画像ファイルがWindowsのフォトビューワーで開けなくて困った話。
カメラで撮った写真は開けるのですが、Android端末でダウンロードした画像をWindowsフォトビューワーで開こうとすると、「Windows フォトビューワーでこの画像を開けません。ファイルが破損しているか、大きすぎる可能性があります。」とメッセージが出て開けない。
ファイルが壊れているのかと、Android端末で確認するとしっかり開ける。
結論から言うと、拡張子はjpgだけどファイルの中身は別のWebPという形式だったからWindowsで開けなかったってことでした。

広告




WebP ってなんぞ

WebP(ウェッピー)は、米Googleが開発しているオープンな静止画フォーマット。ファイルの拡張子は「.webp」。
ウェブサイトのトラフィック量軽減と表示速度短縮を目的としており、インターネットのWebページで広く使われている非可逆圧縮のJPEGや可逆圧縮のGIF、PNGの置き換えを意図する規格である。JPEGとは異なり、非可逆圧縮でもアルファチャンネルを扱える。
WebP – Wikipedia

Googleが作ったファイルの転送量を減らすための画像形式っぽいですね。jpgと全然違うじゃないですかー。やだー。

WebPをjpgに変換

WebPを開けるフリーソフトもありますが、それよりjpgに変換しなおしたほうが管理も楽なので今回は変換ソフトを使います。
WebPconv | WebPファイル一括変換アプリ | Romeolight
jpgやpngをWebPへ複数のファイルを一括変換、またWebPからjpg、pngに一括で逆変換できるようです。
webpconv-ss
起動に若干時間がかかりますが、こんな感じのシャレオツなウィンドウが開きます。
左上の三角ボタンが、エンコード/デコードボタン。下にあるタブで、エンコード、デコードの切り替えができます。
ダウンロードしてzipファイルを展開し、Windowsで開けない画像ファイルをドラッグし左上の三角マークをクリック、エンコードします。
すると、エンコードし出力されたWebPファイルが「WebP_encoded」というフォルダの中に保存されます。
次に、「DECODE」タブをクリックし、「WebP_encoded」フォルダ内のファイルをドラッグしたのち、左上の三角マークをクリック。jpgに変換します。jpg画像は「WebP_decoded」へ保存されます。
これでWindowsで開けるjpgファイルの完成です。

あとがき

おそらく、WebPなんて形式になってしまったのは、GoogleChromeのデータサーバ機能を有効化してたのが原因だったんじゃないかなって思っています。無効化したのちにダウンロードした画像はすんなりWindowsで開けたので。通信量削減のために有効化してたけどこんな落とし穴があるなんて思いもしませんでした。
確かにWebP形式のほうがファイルサイズ小さいですけど、拡張子をwebpにするとかもう少しWebP形式だとわかるようにしてほしいなあ。
WindowsやMacがWebPにデフォルトで対応してくれるのが一番うれしい。

広告




シェアする

広告