起動しないバグを修正した Slack Bot「鳩bot」 v2.0.1をリリース

前のリリース告知から日が経っていませんが、Slack用のbot「鳩bot」のv2.0.1をリリースしました。
このバージョンでは新規デプロイした際に起動しないバグを修正しました。

GitHubからダウンロードできます。
動かし方についてはリンク先のReadmeをご確認ください。

dev-hato/hato-bot at v2.0.1

v2.0.0からの変更点

  • docker-compose up で鳩botが起動しない問題を修正しました。(#281)
  • post_command.py が動作しない問題を修正しました。(#270)
  • 初回起動時に不要なテーブルをデータベースに作成する問題を修正しました。(#231)

v1.1.0からの変更点

  • 大きな変更点としては、新Slack API(Event API)に対応しました。
    これにより、以前のバージョンとBotの動かし方が結構変わっています。

  • 新機能として amesh [地名] で地名の雨雲情報を取得できるようになりました。

iamge

  • 天気 コマンドはライブドアのAPIが提供終了となってしまったため廃止しました。

その他の詳しい変更履歴についてはCHANGELOG.md at v2.0.1をご確認ください。

関連記事