愛嬌のあるSlack用のbot「鳩bot」をリリースした

愛嬌(?)のあるSlack用のbot「鳩bot」をリリースしました。

主にできること

  • 東京都心の雨雲情報を表示できます。(緯度経度を指定すれば特定の場所を表示可能です。)

  • 直近に発生した地震情報を表示できます。

  • メンションされた文字を突然の死吹き出しでデコレーションできます。

ダウンロード

GitHubでダウンロードできます。

nakkaa/hato-bot: 愛嬌のあるSlack用botです。

インストール方法

Herokuを使うと楽に導入できます。
今回はHerokuを使った方法を説明します。

必要なもの

Herokuへデプロイする

  1. GitHubのREADME.mdにある Deploy to Heroku ボタンを押下します。
  2. Herokuのページへ遷移します。以下のパラメータを埋めます。
    • App name にはわかりやすい名前(例えばhato-bot)を入力します。
    • SLACKBOT_API_TOKEN にSlack API Tokenを入力します。
    • YAHOO_API_TOKEN にYahoo API Tokenを入力します。
  3. Deploy app を押下します。
  4. Herokuの Resourcesタブを押下し、Free Dynosのスイッチをオン(右側に倒す)にします。
  5. Slackのworkspaceにアクセスし、Botへメンションします。反応があればインストール成功です。お疲れ様でした。
comments powered by Disqus